登録しなければいけないことは?

ペットホテルを開業するためには動物取扱業の登録が法律や条例で定められており、第一種動物取扱業者としての登録が必要です。
更に動物取扱業の登録には、ペットショップ等で実務経験があること、動物関係の教育機関を卒業していること、資格試験に合格していることのいずれかの要件に該当している必要があります。

離れている間も、心から安心してもらう

また、ペットホテルを運営する上では飼い主様への接客スキルも大切になってきます。
猫ちゃんを大切におもてなしすることはもちろん大前提ですが、その飼い主様にも心から安心してもらい、大切な家族を『ねこやど』に預けて頂きたいですよね。
そのためにも、ご利用日までのやりとりで飼い主様とコミュニケーションを重ね、ニーズをヒアリングするだけでなく信頼関係をしっかりと築いておきたいところです。
猫好きだからこそできる猫ちゃん&飼い主様の気持ちに寄り添った接客で、長く愛されるペットホテルを目指しましょう!

収入について

売上・・・25万円/1ヶ月
経費・・・家賃0円(自宅開業の為かかりません)+ロイヤリティー1万8千円
手元に残るのは23万円程度です。
※上記は一例です。売上を保証するものではありません。

加盟金&ロイヤルティーについて

また、『ねこやど』としての運営資金としまして、加盟金と月々のロイヤルティーを頂いています。
[ペットホテルのみで活動したい場合] ・・・加盟金18万円、ロイヤルティー1万8千円。
[ペットシッターのみで活動したい場合] ・・・加盟金15万円、ロイヤルティー1万5千円。
[ペットホテルとペットシッター両方の場合] ・・・加盟金24万円、ロイヤルティー1万8千円。

はじめにかかる加盟金の用途は、以下の通りです。

開業にあたる各種申請のサポート
ねこやど商標権・ロゴマークの使用許可
ホームページ作成、SEO対策
名刺や看板(約100cm×約75cm)の提供
ペットホテル・ペットシッター運営のためのノウハウの開示など

また、猫ちゃんをお預かりするだけでなく、ホテルでのひとときを大切な思い出にして頂くためにも、とびっきり可愛い写真を残すことも大切です。
そのためのデジカメの基本的な撮影方法や、猫ちゃんを撮影するときのコツなども伝授します。

基本的にはこれらを加盟金でまかない、店舗運営のお手伝いをさせて頂きます。
開業時には物資を揃えたりと資金が必要となってきますので、少しでも開業の際の負担を軽くすることができるよう、加盟金の分割払いも可能です。

月々のロイヤルティーについては、ホームページ作成・更新、経営相談などでペットホテル運営を継続してサポートさせて頂くために活用させて頂きます。
他には行政への申請料金(1万5千円程度)、資格をこれから取る場合は資格取得のための資金(5万円~10万円程度)、研修費も必要となってくることを念頭に入れておいて下さい。

加盟店として活動するために必要な環境

加盟店として活動するためには、猫ちゃんたちがのびのびと過ごせる適切な環境が必要です。
まずは自己所有または家族所有の自宅に、人間が住めるような6畳以上のお部屋を1部屋以上用意できること。これが大前提です。
築年数が経ち過ぎていない、綺麗な一軒家が望ましいです。
猫ちゃんは、飼い主様の大切な家族。
家族の一員をお預かりしておもてなしするため、綺麗に清掃された適切な気温の空間を用意しましょう。

他に必要なものは、広々とした大き目のケージ(1万5千円)に、猫用トイレは2つ以上(3千円~)。食事の際に必要な猫ちゃん用のご飯・お水の器を5つ以上(2千円~)などです。
猫ちゃんは匂いにとても敏感ですので、空気清浄機も最低1台から揃えておきます。
これらに加えて、小さめのケージやキャットタワー、猫用ベッド、猫用吊り橋がプラスであると、猫ちゃんたちに喜んでもらえますね。

猫ちゃんを飼ったことのある方なら、どれも当たり前に揃えていたものだと思います。
そこで一歩踏み込んで、「こんなものがあれば猫ちゃんや飼い主様が喜んでくれるだろうな~」と相手の気持ちに寄り添って考えてみることが、より素敵なペットホテルへの近道になります。

次ページ 6.「サポート体制、整っています」

前ページ 4.「職業・ペットシッターという選択」

猫のお仕事「MENU 一覧」